徳島山本美術〜書画骨董専門店

お取扱い商品(古美術/絵画/書)

橋本関雪 山居掃花図


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

商品詳細

作品名

山居掃花図

作家名

橋本関雪

作家略歴

橋本 関雪

(はしもと かんせつ、1883年11月10日 - 1945年2月26日)

 

橋本海関・フジ夫妻の子として神戸市に生まれた。
父・海関は橋本文水(播磨明石藩儒)・マサ夫妻の子で学問所詰儒者を務めていた。

本名は貫一。関雪というのは画号。

父から漢学を学び1903年、竹内栖鳳の竹杖会(ちくじょうかい)に入り1913年、文展で二等賞、翌年も同じ。
1916年と翌年、特選を受賞。
帝展審査員を務め1934年、帝室技芸員、1935年、帝国美術院会員、1937年、帝国芸術院会員、1940年、建仁寺襖絵を製作。

中国古典に精通したことでも知られ、たびたび中国へ渡った。
京都銀閣寺畔の白沙村荘に住み、白沙村人と別号した。白沙村荘の庭園は現在一般公開されている。

1945年に没し画号の由来となった逢坂の関にある、別邸であった月心寺(走井居)の墓地に眠る。

商品詳細

表具 199.5×35.5  画寸 136×22.5

紙本

共箱 

詳細画像


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます
販売価格 120,000円(内税)
購入数