徳島山本美術〜書画骨董専門店

お取扱い商品(古美術/絵画/書)

竹内栖鳳 山元春挙 ニワトリ図


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

商品詳細

作品名

ニワトリ図

作家名

竹内栖鳳 山元春挙

作家略歴

竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年)8月23日)は、戦前の日本画家。近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。 本名は恒吉。最初は棲鳳と号した。霞中庵の号もある。動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。 京都府京都市中京区御池通油小路の川魚料理屋「亀政」の一人息子。1877年(明治10年)に四条派の土田英林に絵を習い始めるが、1881年(明治14年)の17歳の時に同派の名手として知られた円山・四条派の幸野楳嶺の私塾へ正式に入門する。この頃から頭角を現し、翌年には私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」(栖鳳と都路華香、谷口香嶠、菊池芳文の高弟4名を指す)の筆頭と呼ばれるようになる。

山元 春挙(やまもと しゅんきょ、明治4年11月24日(1872年1月4日) - 昭和8年(1933年)7月12日)は、明治から昭和初期にかけ活動した円山四条派の日本画家。本名は金右衛門。幼名は寛之助。別号に円融斎、一徹居士。竹内栖鳳と共に、近代京都画壇を代表する画家である。

商品詳細

軸寸(軸先まで)146×28  画寸(絹本)35×6(短冊)×2  箱=庄田鶴友箱書

型番 イ1222
販売価格 40,000円(内税)
SOLD OUT