徳島山本美術〜書画骨董専門店

お取扱い商品(古美術/絵画/書)

橋本関雪 柳湾孤舟 


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

商品詳細

作品名

柳湾孤舟

作家名

橋本関雪

作家略歴

橋本 関雪(はしもと かんせつ、1883年(明治16年)11月10日 - 1945年(昭和20年)2月26日)は、日本画家。本名は貫一。 楠木氏一門の橋本八郎正員の後裔である橋本海関・フジ夫妻の子として神戸市に生まれた。父・海関は橋本文水(播磨明石藩儒)・マサ夫妻の子で学問所詰儒者を務めていた。 父から漢学を学び1903年(明治36年)、竹内栖鳳の竹杖会(ちくじょうかい)に入り1913年(大正2年)と1914年(大正3年)の文展で二等賞。1916年(大正5年)と1917年(大正6年)の文展で特選を受賞。帝展審査員を務め1934年(昭和9年)12月3日、帝室技芸員に選ばれる。1935年(昭和10年)に帝国美術院、1937年(昭和12年)に帝国芸術院会員となる。1940年(昭和20年)、建仁寺襖絵を製作。

商品詳細

軸寸(軸先まで)206×43  画寸(紙本)148×31  箱=二重箱 共箱

型番 ウ2221
販売価格 45,000円(内税)
購入数