徳島山本美術〜書画骨董専門店

お取扱い商品(古美術/絵画/書)

夫婦双幅 池大雅 竹 池玉蘭 蘭


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

商品詳細

作品名

夫婦双幅 竹 蘭

作家名

池大雅 池玉蘭

作家略歴

池 大雅(いけの たいが、 享保8年5月4日(1723年6月6日) - 安永5年4月13日(1776年5月30日))は、日本の江戸時代の文人画家、書家。幼名は又次郎(またじろう)など。諱は勤(きん)、無名(ありな)、字は公敏(こうびん)、貨成(かせい)。日常生活には池野 秋平(いけの しゅうへい)の通称を名乗った。雅号は数多く名乗り、大雅堂(たいがどう)、待賈堂(たいかどう)、三岳道者(さんがくどうしゃ)、霞樵(かしょう)などが知られている。

江戸中期の女流画家。京都に生まれる。旧姓は徳山、名は町、歌集『梶の葉』で知られる歌人梶を祖母に、母も同じく歌人の百合。池大雅の妻となり、松風柳沢淇園に学んだ画は大雅に似ており、蘭竹梅菊を得意とした。後に大雅に南画を学び、当時一流の女流画家として知られた。大雅の画風をよく受け継いでいて、大雅の豪放さに対して穏和・繊細な傾向を特徴とした。代表作は「渓亭吟詩図」や「便面図巻」などがある。大雅と同じように自由三昧な生活をし、奇行や逸話などが数多く残っている。

商品詳細

軸寸(軸先まで)181×40  画寸(紙本)121×28  箱=箱書有

型番 ウ2509
販売価格 85,000円(内税)
購入数