徳島山本美術〜書画骨董専門店

お取扱い商品(古美術/絵画/書)

酒井抱一 自画賛横物


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

商品詳細

作品名

自画賛横物

作家名

酒井抱一

作家略歴

酒井 抱一は、江戸時代後期の絵師、俳人。 権大僧都。本名は忠因、幼名は善次、通称は栄八、字は暉真。ほか、屠牛、狗禅、鶯村、雨華庵、軽挙道人、庭柏子、溟々居、楓窓とも号する。また俳号は、ごく初期は白鳧・濤花、後に杜陵。狂歌名は、尻焼猿人。屠龍の号は俳諧・狂歌、さらに浮世絵美人画でも用いている 尾形光琳に私淑し琳派の雅な画風を、俳味を取り入れた詩情ある洒脱な画風に翻案し江戸琳派の祖となった。

商品詳細

軸寸(軸先まで)122×56  画寸(紙本)31×50  箱=合箱  ※波多野家入札

型番 ウ2468
販売価格 85,000円(内税)
SOLD OUT